スポンサーリンク

肺がん 野際陽子のケース※発症年齢や症状について

野際陽子さんは2014年に初期の肺腺がんと診断されています。

肺腺がんとは肺がんの一種で肺がんは多くの細かい分類がなされています。総称して肺がんと言いますが最近の報道では単に肺がんと言わずに肺腺がんというより詳細な名称を使っていますね。

話は戻りますが2014年に肺がんが見つかって手術をして、2015年に再発をして再手術。その後はご存じの方も多いでしょうが2017年5月に肺炎を伴って再入院して、同年6月に野際陽子さんはお亡くなりになっています。ご冥福をお祈りいたします。肺がんが原因であるということです。

野際陽子 プロフィール

1936年1月24日生-2017年6月13日没(享年81歳)

石川県河北郡津幡町出身

女優・アナウンサー

喫煙歴は不明

スポンサーリンク

野際さんは2度の手術を受け最後まで仕事をした

野際陽子さんの場合は肺腺がんと分かった後も仕事を続けています。

通常は一度手術をして経過が良いので仕事復帰という形になるのですが、野際さんの場合には2回の肺がんの手術を受けて最後まで仕事を続けたということです。

2017年6月に野際陽子さんは残念ながらお亡くなりになっていますが、2017年でも最後に収録したドラマに野際さんが出演された部分が放送されています。これは再放送のドラマではなく、野際さんが最後の最後までお仕事をされていたということがよく分かりますね。

最初に肺がん(肺腺がん)が分かった時期が78歳頃ということですから高齢時の発症ということになります。そこから3年間ほど闘病されたということで大変なご苦労があったのだと推察できますね。

ただ治療の内容やがんのステージの詳細は余り情報がありません。女優さんの場合は病気について余りオープンしない傾向が高く、病気のことを伏せて仕事をする方が多いです。これは周囲に迷惑を掛けたくないという配慮でしょう。

野際さんが最後に緊急入院した時には何か唐突な感じはありましたし直前まで仕事をされていたということがあるでしょう。

野際陽子 タバコで調べると?

肺がんの原因がタバコという見方は多いです。

タバコを吸っている人が肺がんになる確率は高いという統計もあるようですね。

そこで野際陽子さんとタバコの関係性を調べてみましたが?

喫煙歴については不明です。

「過去にはタバコを吸っていた時期があった」などという不確かな情報はあるものの確証は持てませんので不明とさせて頂きます。(肺がんなる以前も)最近の野際さんが喫煙していたという話はありません。

また肺がん(肺腺がん)は喫煙者でなくても罹る病気で喫煙とは関係がない場合もあります。いずれにせよ喫煙を控えることであらゆるガンに罹る可能性は低減されることも常識的な見解だと考えられます。

ただ野際陽子さんの場合はがんの部位がたまたま肺だっただけと考えた方が良さそうです。

タバコが原因だ!と思いたい人は残念でした…?

肺がん 野際陽子 まとめ

・最初に肺腺がんが見つかったのは2014年(78歳頃)。一度目の手術。

・2015年に肺腺がんを再発して腫瘍摘出手術を受ける

・2017年5月に肺炎を併発して入院

・2017年6月に死去

スポンサーリンク

フォローする