スポンサーリンク

胃がん 渡辺謙のケース※発症年齢や症状について

渡辺謙さんは2016年2月に胃がんを発症しています。

この時渡辺謙さんは56歳で人間ドックの検査によってがんを発見することができました。

早期発見の部類で最近は検査をすることでがんが発見されやすくなっていますね。

スポンサーリンク

胃カメラ検査により早期発見!

渡辺謙さんの場合ですが胃がんを発見したのは胃カメラ検査を行ったからだと言われています。

胃カメラ以外の検査方法だと初期の胃がんは見つけにくいようです。

胃カメラを飲むというのは非常に怖いように思えます。しかし胃がんよりは怖くありませんので考えを改めないといけないかもしれませんね汗。

また渡辺謙さんの胃がんは非常に早い段階のものだったので胃を切除するような大手術は必要ありませんでした。

内視鏡手術と言って胃カメラによる手術だったようです。通常手術と言えばお腹を切って…ということになりますから治りという面でも遅くなりますよね。しかし内視鏡手術はお腹を切らずにガンを切除することができるというものですから治りも早いというメリットがありました。

早く見つけることがいかに重要なのかが分かります。手術自体も通常のがんの手術よりも簡易なものになります。

白血病の経験から健康に留意していたが

渡辺謙さんは胃がんの前には白血病を発症しています。1989年(30歳頃)に急性骨髄性白血病を発症しています。

それ以来渡辺謙さんは健康に留意して過ごしてきたと言われています。それは当然のことでしょう。一旦白血病は治った後も5年後に再発していることから健康面で悩まされてきたと言えます。

そして56歳には胃がんになってしまう訳ですから、病気にならないようにするということは難しいことですね。

胃がんについては今の奥さんの南果歩さんに勧められて検査に行ったということで偶然に見つかった、運が良かったと言えるでしょう。

(※その後、2016年2月に奥さんの南果歩さんにも乳がんが見つかってしまいます、謙さんが手術を終えて舞台のためNYに向かう前日に判明します)

芸能人の方は早期発見が多いので運が良い方がやはり多いのかなと思ってしまいます。

胃がん 渡辺謙 まとめ

・発症年齢は2016年2月で56歳

・早期発見によって内視鏡手術で完治か

・その後は再発はないようだ

スポンサーリンク

フォローする